学生服の歴史

セーラー服の起源

ヨーロッパの海軍の水兵が着用したのが名前の由来の始まりです。
この服を見た人たちが、デザインの可愛らしさから、男児の子供服として普及しました。
東京では、坂倉厚積デザインのセーラー服等が、大正14年に、洋風の制服として採用され、その後女子学生服として発展しました。


詰襟学生服の起源

明治15年文部省の指導で官立学校に学生服が普及、17年に東京農林学校、19年に東京帝国大学が詰襟金釦を採用しました。
以後中等教育以上学校で制服として着用するようになりました。
その理由は和服では体操、軍事訓練ができず、又エリート意識を持たせる狙いもありました。
黒のサージに金釦には陸軍下士官をモデルに作られたものです。

明治10年 女子師範生 明治中期 大学生 明治35年 女学生 明治40年 女子大生 明治40年 盛岡中学生(男)
明治40年 大学予科生 明治40年 商業学校生 大正初期 東京女高師附高女 大正初期 東京女高師附高女 昭和7年 東京女高師附高女
大正10年 東京女高師附高女 大正14年 福岡高校生 大正中期 小学生(男) 大正13年 小学生(男) 昭和13年 和服モンペ姿
昭和10年 中学生 昭和11年 小学生(女) 昭和18年〜20年 勤労勤員女学生 昭和18年〜20年 勤労奉仕女子大生